映画・テレビ

2009年2月 5日 (木)

立春でウキウキ

2月3日は節分でした。
スーパーでもデパートでも恵方巻きが飛ぶように売れていました。
毎年我家も近くの店で買うのですが何せ一本を食べるのは苦しい!!という事で今年は自分で作ってみました。
P2030071 すし飯を作り巻きすが無かったのでサランラップで代用、
海苔にすし飯を食べれる分だけのせて、具をほうれん草、しいたけ、かにカマ、卵とのせてクルクルっと巻くと簡単に出来あがりました。
今日の晩御飯は恵方巻き、貝汁、菜の花のからし合え、いわし(邪気を祓う)です。
断面を切って見たいところをぐっと押さえ無言で東南東に向って食べ始めました。
しかし!!主人が遅く帰ってきて食べる時に間違いを指摘され、大きな間違いが発覚!!東南東でなく東北東でした・・・既に遅し・・・
そして翌日、先日見逃した映画「マンマ・ミーヤ!」を家から電車に乗って2、3駅のところに観に行きました。
さすがに都心とは違い人が少なくスムースに観ることが出来ました。
ミュージカル仕立てなので話の辻褄は合わないのですが、なんといってもあのアバのメロディーにのって気分がウキウキしてくるような映画でした。
知っている曲もありあらためてこれってアバの曲だったんだ!!と発見した物もありました(そうよく節約生活番組で流れる”マネ~マネ~マネ~ェ”です)
マンマ・ミーア!以前ロンドンに旅行に行った時、ロンドン名物のダブルデッカーの車体に左の「マンマ・ミーヤ!」の広告がいたるところに在るのを見て
このミュージカルってどんなんだろう?しかし英語がわからなくては内容がわからなくてつまんないだろうな?と思ってパスしたものでした。
映画を観てからならあらすじがわかり楽しいだろうなと、機会があればまた本場に観に行きたいなと思いました。
さて、近場の映画館も開拓したことだし、暖かくなったら今度は自転車で行ってみようと考えています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

映画にいきました。

今年は暑くないのは嬉しいんだけど、毎日雨ってのも考え物です。
先週雨で退屈なので映画に出かけて来ました。
今回は前評判がすごかった○○○AND THE CITYです(○をきちんと書くと変な広告が引っ付いてくるので伏せて起きます)
これはアメリカのテレビドラマから人気が出た話で、40代の女性(今流行のアラフォー)のそれぞれの生き方の物語です。
今回はキャリーの結婚がお話の中心になっていて、とにかく有名デザイナーのドレスやブランドバックがたくさん出てきました。
四人の性格が自分の身近な友人にいそうなキャラクター設定なので思わずいるいる!!と共感してしまう部分がたくさんありました。
私はシャーロットの着こなしが気に入って観てました。専業主婦、妊婦になってもおしゃれ心を忘れずにいつもきれいにしているところは見習わなくては・・・と思ったのですが現実はなかなか難しいです。
しかし映画の題とは印象の全く違う楽しいお話でした。映画というよりはテレビドラマを見ているって感じです。
出来るなら今度ドラマシリーズを始めから観てみたいです。
Pc280040 今回はバックです。映画の中のブランドバックとは比べのもにならないけれど・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

インディー・ジョーンズ

家にいても暑くて何もやる気の起こらない今日この頃、涼しさを求めて昨日やっとインディー・ジョーンズを観に近所のパルコ映画館へ出かけて来ました。
公開前から観たい映画の一つで時間がなかなか合わずようやく観られました。
私の思っていたとおり、予告前宣伝を裏切らないくらい面白かったです。
今回はペルー ナスカの地上絵インカ帝国後の南アメリカが舞台でした。インディーお決まりの悪役とのお宝争奪戦は健在でした。しかし公開前にテレビでインディーシリーズ1~3を放映していて、若かりしハリソン・フォードを観ていたので、やはり今回の映画は彼も歳を取ったなぁ~と逃走シーンや格闘シーンで感じました。そして初回の放映のヒロインが今回も登場し意外な展開になっているのにビックリしました。(これは観てからのお楽しみです)
きっと第五作も出来るのでは?いやいやインディーがおじいさんになっても続けるのでは?と期待をしながら満足して映画館を後にしたのでした。
映画を観た後はちょっぴり小腹が空いたので、パルコの一階にあるアンデルセンのパン屋でパンを買い映画の余韻に浸りながら帰宅し(頭の中はもちろんインディーのテーマ曲が流れていまいした)お腹も満たしたのでした。
今回のパターンはインディーの勝利にかけ ネルソンの勝利です。P7170024

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 1日 (土)

ポカポカ陽気で映画の日

今日から三月です。お天気も春らしくなって春物トレンチコートでちょうどよい気温でした。
一日と言えば、映画の日です。早速六本木ヒルズまで出かけてきました。なぜ六本木かと言うと、TOHOシネマズのカードに入ってしまったからです。(六回見ると一回タダにつられ)ここ所沢には他のものは揃っていても、映画館が一館しかなく観たい映画を殆どやっていないので、映画好きの私はここの所めっきり遠ざかっていました。なので最近は映画の選択もへたくそになりいつも予定の映画と違うものを見てしまいます。今日も「ライラの冒険」のつもりがなぜか「ジャンパー」になってしましました。
ジャンパーは飛び込みで行った割には面白かったですよ。映画館を出た後は自分も映画の主人公のように瞬間移動が出来ればいいのになぁと何度思ったことか・・・(東京は人が多すぎるので歩きにくいです)
帰りに恵比寿ガーデンプレイスによりここの三越ジョアンでしか売っていない焦がしフランス(ラスク)を量り売りで買って主人のお土産にしました。
帰宅してからは大忙しで夕食を作り、今日のご飯は手作り餃子(なぜか食べたくなる?)、きゅうり蛸なます、切干大根、味噌汁です。
今日は春らしくチューリップのアップリケのランチョンマットです。その奥が夕飯!

P3010006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

映画館いっぱい

14日の祝日の日六本木ヒルズの映画館が1000円の日だったので出かけて行きました。
祝日と言うこともあってか映画館の入口はとっても混んでいて、私が観ようとしていた映画は既にいっぱい、で時間の関係もあって予定外のアムレジェンドを観て来ました。
予定外だっただけに内容もわからず、おそらく人類滅亡で一人残った主人公がサバイバルな生活をして過ごす内容だと思ったら、大間違いでした。
病気ウイルスがあまりにも強すぎて、人間が凶暴になり、多くの人が亡くなったり、凶暴になった人に共食いされたりして人類が減っていき、主人公が一人残させたNYでウイルスの血清を作ると言うものでした。
凶暴になった人間がエイリアンみたいでとっても気持が悪く、観ていられないシーンもありました。(勝手に思い描いていた映画とこんなにギャップがあったら仕方ないか・・・)
その夜、夢に出てきそうでした。映画を観るときは内容をよく確認しなくては・・・
Pa270032今日のパターンはモンキーレンチです。これは昔のアメリカ開拓時代の大工道具をパターンに図案化したものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

初めてのミシュラン体験

今日はこの冬一番の寒さとか・・・昼間はポカポカと暖かく実感がわかなかったんですが、夕方から風が冷たくなり始め、今年初めてストーブを出しました。
昨日、六本木ヒルズへ映画を観に行った際、今話題のミシュランの星2つもらった宮廷中華料理店の前を通りました。表に出してあったメニューを見ると8500円からとなっていて私にはとっても払えない金額だ・・・と思うと同時にどんな人が食べるのだろう?といろいろ想像をしていました。
とはいえ私もミシュランの星のついた店で一度だけ食べたことがあることを思いだしました。15年くらい前ロンドンのいとこの家を訪ねた時イギリス郊外のウィンブルドンやブライトンに連れていてもらった時、夕食に中華料理店に連れて行ってもらいました。名前も星の数も覚えていませんが、フランス料理店のような洋風の内装で(日本の中華料理店とは全く違いドラもなく中国らしい装飾もないです)、でもくるくる回るテーブルで食べる店でした。いろいろ食べたのですが、一番印象に残っているのが青椒肉絲(チンジャオロース)です。肉が日本のように柔らかくなくちょっと固めのごっつい拍子切りでした。(もしかしてこれが本当の青椒肉絲?クックドゥーしか知らない私なので・・・)とは言ってもどれも本当に美味しかったです。
食事中もウェイターさんがとってもスマートにサービスをしていた事を覚えています。これがミシュランなんだぁ~と感動 し、二度とない貴重な体験で食いしん坊の私としては一生忘れることはないでしょう。
映画は今話題のヘアスプレーを観ました。これはミュージカルでこの春ごろ日本にやって来ていた物の映画版です。始まりと同時に歌でした・・・話の内容は、60年代のアメリカの人種差別をなくそうと言う重たいテーマをダンスや歌で軽やかに表現しているものでした。音楽が乗りの良いテンポなので思わず上映中足が勝手にリズムを取っていました。
Pb220016さて、ようやく先日のキルトが出来上がりました。今回は普通の四角でなく八角形にしてみました。暫くは玄関で・・・<90cm×90cm>

ヘアスプレー

アーティスト:オリジナル・ブロードウェイ・キャスト・レコーディング,演劇・ミュージカル

ヘアスプレー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

ハロウィンとクリスマスと映画

日は六本木ヒルズ、今日は近所の映画館に映画を連ちゃんで観ました。スターダストMissPotterです。
スターダストは冒険ファンタジーでイギリスのコッツウォルズが舞台で、星の妖精(そんなこと現実にあるの?)と昨地上の人が出会い、その星の妖精の心臓が欲しい悪い魔女と妖精の持っているルビーを手に入れたい四人の次期王様候補の王族の子孫に追われいろいろな冒険をしていくという話です。その冒険の途中に出会う海賊船の船長が楽しく、ゴーストも出るのですがこの人?達も傍観者ぶりが面白かったです。詳しくは本編を観てからのお楽しみ!
MissPotterは言わずと知られたピーターラビットの作者の話です。これも偶然イギリス湖水地方とロンドンが舞台(綺麗でした)で、ピーターラビットの絵本が出版されるいきさつからその編集者との恋の話、今の湖水地方が保たれた事などポターの生涯の話です。途中絵の中のピーターやアヒル、蛙など絵本で見覚えのあるキャラクターの誕生やストーリーのできる秘話などが面白くもう一度絵本を読み直して見たくなりました。
ところで昨日はハロウィンでした。六本木ヒルズはオレンジとかぼちゃがここそこにありました。麻布十番の商店街では子供たちが仮装をして歩いていました。かわいかったですよ。その帰りにデパートに寄ると今度は気が早くクリスマスのデコレーションに変わっていました。びっくりです!まだ10月だよ!!緑のモミの木の枝の中に赤いガラス玉と金色のリボンで飾られたツリーや装飾を見るとまだ先のクリスマスにうきうきしてきますね。
今年の我が家のクリスマスはどんなケーキと料理にしようと思いながら家路に帰ったのでした。
Pc240003

結婚後初めてのクリスマス。

今日のパターンはスターダストにちなんで冬のダリアです。<21cm×21cm>

Pa270030

ミス・ポター (竹書房文庫 DR 202)

著者:リチャード・モルトビー Jr.

ミス・ポター (竹書房文庫 DR 202)

| | コメント (0) | トラックバック (0)