日記・コラム・つぶやき

2012年4月20日 (金)

四月です!

四月になり私の生活も少しづつ変化がありました。
一つは主人が転勤になり出勤時間が早くなり否が応でも早起きをしなくてはいけません。
いつもより一時間早く起きると、家事が当然一時間早く済んでしまいます。
もちろん帰宅時間も遅くなるので一日がとっても長くその分パッチワークや色々な用事が次々に片付いていきます。
なんだか得したような気分です。
そして、パッチワークも先生の提案で講師の資格を取ることとなりました。F1000130
こちらはまず本科・高等科・師範科と3ステップを踏んで資格が取れます。
まずは本科の課題をこなしていくこととなりました。
課題はパターンの提出、小作品の提出、大きな作品となっています。
パターンは製図し型紙取り、布地の裁断、ピースワーク、仕上げです。
一度は作った事のあるパターンもありますがもう一度提出用に作っています。
一番の嬉しい変化は、以前お隣に住んでいた方のお子さんのお迎えを手伝うことになりました。

Sちゃんは今年から小学一年生になりました。
Sちゃんのお母さんは働いているので学校が終わると学童保育に行っています。
しかしお母さんは学童保育の終了時間までに戻って来る事が出来ません。
そこで、時々私が学童保育のある児童館までお迎えに行くことになりました。
(いつもはおばあちゃんが行っています)
今は一年生は馴らし授業で帰りも早いのですが、大きなランドセルを背負って遠い通学路を通っているので、学童から帰る頃にはクタクタです。
先日初めてのお迎えに行った時にはいつも元気なSちゃんが一輪車から転んだとのことでしょんぼりとしていましたが、時折見せる笑顔が可愛くてとっても心が安らぎました。
さて次はどんな表情を見せてくれるか楽しみです。
そんなこんなで私の生活も去年とは少しずつ変化していきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

主人の入院

年の明けた1月6日暮から目の調子が悪いと言っていた主人。
いよいよ悪くなったと思った主人は休みの日に朝早くから近所の眼科に出かけて行きました。
私はその間、家事をさっさと済ませようとテキパキと家事を片づけていました。
すると主人から電話が入り、「今、防衛医大にいるんだ、診察が終わったけど入院しないといけないんだって」と・・・
私は???
よ~く聞いてみると、近くの病院がしまっていたので防衛医大へ出かけたようで、そこですぐさま病名・網膜剥離で手術が必要でそのままにしておくと失明するとのことと診断されたようです。
で明日からすぐに入院して病院で安静にしていてくださいとのこと。
私はそれを聞いてビックリ!!
まだ入院と手術に必要な検査があるから時間がかかると言われたので、急いで主人のお昼のお弁当を買って自転車で防衛医大へ走らせました。
家に帰ってからは入院の準備です。洗面器、歯ブラシ、タオル、パジャマ!(枚数が足りない)足りないものはすぐさま買いに行って揃えあっという間に大荷物になりました。
そして入院当日付き添いも必要も無く主人一人で出かけて行きました。
それから私の自転車での通院生活が始まりました。

初日は既に着替えも持って行っているので、持ちきれなかったものや足りないものを持って行きました。
面会時間は13時~20時です。
三時過ぎに面会手続きをして病室に行ってみると、最近出来たばかりの綺麗な病棟でした。
当然部屋は大部屋(と言っても四人)
カーテンがそれぞれ閉めてありさすが都会!ここでも閉鎖的なんだ~ぁと感じました。
私も主人も入院は初めてなことなので何もかもが初体験で、今日の夕食は何かしら?と病院の早い夕食を見届けて家路に着いたのでした。

二日目

我家から防衛医大が近くにあってよかった・・・
自転車で通えるもの・・・
寒いのでジーパンの下はタイツ靴下、手袋、マスク、コートにぐるぐる巻きにしたマフラー、目も風を切って寒いのでサングラスという井出達でなんとあやしい人なんでしょう。
病室に入るとその逆で春のような暖かさで、なんどここで泊まろうと思ったことか・・・
さて主人といえば、主治医にトイレや食事以外なるべく歩き回らないでおとなしくしていてくださいと言われベットの上でとっても退屈そうなので、Newton と言う雑誌がちょうど目の特集が掲載されていたので差し入れたところ喜んでいました。

三日目
主人の妹夫婦がお見舞いに来てくださいました。
明日が手術ということでお見舞いにカットメロンを差し入れしてくれました。
約一時間の訪問でしたが、退屈な主人にはちょうど良かったようです。
手術の日
今日は手術の日です。
看護婦さんから手術室に行くまでの段取を説明してもらいいよいよです。
私はオペ室の前では待てないのと時間が夜になるので家で待機していてくださいといわれたのでそうしました。
最初は三時からといわれていましたが、緊急な帝王切開のオペが入ったので主人は後回しの夕方五時からとなりました。
お医者さんも一緒に待ちぼうけなので大変ですねぇ・・お医者さんって
さて家に帰ると今日は実家の父がお見舞いに来るとのこと、家でご飯を作って舞っているとピンポーン!とチャイムが鳴って父登場!!
さすが一人でここまで来るとは。。。
犬といわれる方向感覚のよい私の親です。

無事に終わる
術後数時間たってから本人から電話が入りました。
オペが終わってから夕食を取り電話をかけて着たとのこと
声が数時間前とは違って明るくなっていました。
やはり緊張していたようです。
翌日に面会に行くと既に眼帯も取れていました。
誰かに似ていると思い浮かんだのが、歌舞伎役者の海老蔵さんの記者会見の時の顔でした。(まぶたは腫れて、目は充血していました)
その日は父がお見舞いをして、これから川越に観光に行くと言う父を玄関まで見送り、その足で院内出歩き許可が降りた主人がファミマでお買い物。
緊張がなくなったからか、シュークリーム、プリン、ジュースと買いあさっていました。
手術が終わって後は退院を待つばかり・・・当初は週末と言われていて私たちは週末っていつ?カレンダーでは日曜日、ビジネスでは金曜日
いつ先生からOKが出るのかと二人楽しみにしているとやはり日曜日に退院の運びとなりました。
それまでに主人のシーツなどの寝具類を洗濯していつ帰ってもいいように準備してました。
朝九時過ぎには退院と言われているので、この日は早く起きて布団を干し、掃除を済ませ待っているとピンポーン!!と帰って着ました。まるでいつも会社から帰ってくるように・・・
この一週間我家はまるで長期出張のようでした。
今回主人はめの調子が変だなと思ったときから時間が経っていたのでこんなに大変なことに成りましたが、すぐに病院へ行っていれば一日の通院で処置できたことだったようです。
目の病気は症状が現れにくく痛くないので後回しにしがちですが、まめに検査に、または変だな?と思ったらすぐに受診したほうが良いとわかりました。
退院の次の日つい癖で自転車に乗って病院へ行きそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

芽が出たよ

先月ROKOさんから分けて頂いたコットンの種を植えました。
寒さが戻らなくなったら植え時よ!と教えていただきましたが、今年はなかなか天気が落ち着かずようやく六月になってからの種まきとなりました。
教えていただいたとおり、はじめにコットンを引いた平らな容器に水をいれ、そこに種を浸しておきます。
すると硬い殻を割って白い根が生えてきました。(もやしみたいです)
3日もすると全ての種から根が出てきたので、プランターに種を根を下にして植えると・・・・
2日くらいで双葉がヒョッコリ顔を出しました。20110616134351
何も無い土から双葉が覗くと嬉しくなってきますね。
誰かに双葉が出たことを話したくなり、そばにいた主人にすぐにご報告しました。
早く本葉が出ないかなぁ~

早くもクリスマスにこのコットンを使ってリースができるのを想像しています。20110616134341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

念願かなって

日曜日に念願の桜坂に出かけてきました。20110410121905
そう桜坂は福山雅治さんの歌で有名になったところ・・・
桜坂は東京の大田区にあります。
東急東横線の多摩川駅で多摩川線に乗換え一駅「沼部駅」で降りて緩やかな坂を上っていくとすぐに見えてきます。
20110410121943 さすがに歌がヒットして何年も経っているから人も少ないかと思いきややはり多くの人が訪れていました。
私が行った時はちょうど桜も満開!!そして風が吹くと桜吹雪が舞ってとてもきれいなときでした。20110410122242
桜を満喫した後桜坂を登りきって田園調布に向って歩いて見ました。
ここのあたりは豪邸が立ち並びさながら住宅展示場のように様々なタイプのお家が建っていました。
そしてガレージ(ここでは車庫と言うには似合わない)にはこれまた様々な高級外車がそこかしこに留めてありました。
まるでここは外車のショールームでした。
そして向こうから自転車がやってきます。
わぁ~ここで初めて普通らしさが・・・・
と思いきややはり違いが・・・
自転車のサドルや籠にはスーパーのビニール袋の代わりにブランドの紙袋がいくつも
葱やごぼうの代わりにメゾンカイザーのフランスパン!!
やっぱり違う!!と感心しました。
さてそんな風にキョロキョロしながら歩くこと30分東急東横田園調布駅の前に着きました。
昔の駅舎がモニュメントのように建っていました。
駅から放射線状に広がった道路には桜並木がきれいに咲いてしました。
きっとここに住んでいる人は別世界の人なんだろうな・・・と思いながら我家へと帰ったのでした。
さて、我家の近くに戻って来て、近所の八百屋さんが「何処に行ってたの?」と聞かれたので
「桜坂と田園調布」と答えると「目の保養になったね」と何気ない会話ができるここの生活の方が私にはちょうどいいなぁ~と感じました。
気分がリッチになったので今晩の夕飯はハンバーグです。

20110410130853

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

帰省してきました

久しぶりにブログを更新します。
先日は三月と言うのに雪がチラチラ舞う天気でした。
ちょうど一ヶ月前全国的に一番寒い日に里帰りし、そのときも雪が降っていました。
今回の帰省は姪っ子のリトミック教室の発表会があるのを理由に帰りました。
この二月でちょうど三歳になる姪っ子・・・
発表会といっても舞台でいつもの教室のような様子で、物語に沿ってリズムを感じて体を動かすといったものでした。
二歳児がメインみたいで、母親から離れない子、一人で進んで動いている子様々でした。
姪っ子と言えば、最初はウ~ンって感じでしたが、終わりの頃になると本領発揮してリズムに合わせて体を動かしていました。
カワイの音楽教室主催と言うだけあって、年齢が大きくなるにつれて合奏したり、ダンスが音楽に合わせてできたりとさすがお姉ちゃん!!って感じでした。
いつかは姪っ子もこんなに出きる日が来るんでしょうね・・・
そのときが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

台風の去った後

ドタバタと四日間が過ぎ、アット言う間に帰る日です。
この日は朝からテンションが上がりまくりです。
下着姿で服を着ないと走り周り、髪を結ばないと逃げ回り出かける支度が大変でした。
どんどん帰りの新幹線の時間が迫ってきます。
こちらはハラハラと母はイライラと・・・・
案の定山手線に乗る前に姪っ子が自分の意見が通らず大泣き状態に・・・
しかし時間がどんどん迫るので、大泣きのまま電車に飛び乗り、周りの方に大迷惑をかけてしまいました。
そして東京駅でも泣きつづけ、新幹線のホームでも涙のお別れでした。
また、大きくなったら遊びに来てね!
楽しみにしてま~す。
そしてホームに取り残された私たち夫婦は一気に気が抜けてしまいました。
しばしこれからのランチのことも思い浮かばないくらいボ~ットしてました。
そして、私たちは新宿に出かけ、主人いわく私の慰労会だと言ってスペイン料理の
イカ墨パエリアを食べるとその美味しさにさっきの大変な出来事を忘れてしましました。
夜、家に帰るとシ~ンとしていて、まるで台風の去った後のようでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

初めてのディズニーランド

今日は妹が行きたかったディズニーランドです。
しかし姪っ子はディズニーランドをあまり?いいえまったくどんなものかも知らないのです。
まさに未知の体験です。電話でもミッキーよりアンパンマンが言いと言うのですから・・・妹に言いくるめられて?プーさんに会えるよと言われ納得したようです。

そして前回に買っていた私のポップコーン入れを私がこれを持って「行くんだよ!」って話すと「私の宝物」と言いどうやらお気に入りになったようで前の日から手に提げて歩き回っていました。そして当日は自分で持つと言いどんな時も(アトラクションに乗っているときも)手放しませんでした。

P1010053 ランドには10時前に着き唯一の姪っ子の楽しみのプーさんのアトラクションのファーストパスを入手するために私が走って行きました。
(既にこのときで四時の予約でした)
まず一番目が肝心と妹と作戦を練った結果、イッツスモールワールドへ行きました。
狭い通路を抜けると壁面いっぱいに描かれているカラフルな絵にビックリしている様子・・・
ボートに乗りアトラクションの中へ入っていくともっとビックリ!!声も出ないようでした。
時折天井から下がっている蝶チョや、猿に喜んでいました。
今回は私たち夫婦が来るときと違い絶叫物はお預け・・・
ひたすら子供向けの乗り物やアトラクションへ次々と乗って行きました。
様子を見ていると、小さな子供は早い動きや目まぐるしく場面の変わるアトラクションは苦手のようで、反対に電車や船のようなゆったりとしたものが楽しいようです。
そしてパレードってどんなものか知らない姪っ子がお昼のパレードをシートをひいて間近で観て、これまたビックリ!!P1010055
夜ご飯を早めに済ませるとさすがに睡魔に襲われたのか、とうとう眠ってしましました。
と言うことで夜のパレードに備え、ここでもまたシートをひいて私と姪っ子はお留守番をしていました。
その間妹は両家のおじいちゃん達のお土産を買いに行っていました。
さておおきな音とともにエレクトリカルパレードが始まりました。
さっきまで眠っていた姪っ子も目を覚まし、あまりの明るさ、音楽の大きさに目ぱちくり、お口がポカーン状態でした。
時折手を振り喜んでました。
そして花火を見て少し早めに帰宅したのでした。
そうそう最後に「カリブの海賊」に乗ろう!と姪っ子がどんな怖がるか試してみよう!とちょっといじわるな大人二人でした。
結果はホラーマン(アンパンまんのキャラクター)と同じようで怖がりませんでした。
さてさて、この子には初めてのディズニーランドはどのように感じたのか、大きくなって覚えているのだろうか?
もう少し大きくなって聞いてみよ!

今回は幼い子供を連れて行き思ったのが大人だけでは普段は見えなかったり、感じなかったりしたものがたくさん発見でき絶叫アトラクションに乗らなくても楽しく過ごせました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

初めてのパン作り

アンパンマンミュージアムから帰ってさっそく我家のホームベーカリーでパンを作りました。
私が計量した塩・砂糖・牛乳・強力粉をパンケースに姪っ子が投入するのです。
そして待つこと二時間・・・
ふっくらと食パンが出来上がりました。
「私が作ったの!私が作ったの」と大喜びの姪っ子でした。
そして早速つまみ食いです。
みんなで我家にはおおきなねずみが居ると笑ってました。
そんなに気に入ったのならと耳を少し切って食べさせるとなんと一人で「美味しいね!」と連呼しながら食べてしまったのです。
他にもお皿をテーブルに持って行ってくれたり、レタスを洗って(濡らしただけ?)ちぎってくれたりと役に立つ姪っ子でした。
さすが女の子です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜アンパンまんミュージアム

三人と子供一人川の字に寝ていると、朝にふと気が付くと隣に姪っ子の足がグングンと私を押しのけているのです。
これはたまらん!と姪っ子を乗り越え主人の方へと姪っ子を押しやりました。
すると朝起きて主人が言うことに「いつもと違う感覚の物体が寝ていてビックリした」と・・・
みんなで朝ごはんを済ませ
いざ女三人は横浜へ
電車の揺れが気持が良いのか最寄り駅に到着するまでグーグーと寝ていました。
が、目を覚ましてみると憧れのアンパンマンが目の前にいます。
すっかり眠気も覚めテンションが一気に上がり始めました。
ミュージアムに着くとカレーパンマンの着ぐるみを見つけ、もうダッシュです。
ジャムおじさんのパン工場ではキャラクターのパンがたくさん作って並べてあり見ると一個300円高い!!
しかし世の中のお母さん方はポンポンとトレーに乗せて購入して行きます。
そして私たちはドキンちゃんのcafeでランチを取りました。P1010041
姪っ子はお子様カレーです。ここでもまた完食です。
さて、食後にいよいよミュージアムの中へ・・・
入場券を三人分(子供も大人と同じ金額が必要です)購入すると未就学児には玩具がもらえます。
今月はカスタネットです。P1010037
エレベーターで三階に上がり扉が開くと目の前にキャラクターが勢ぞろいしてお出迎えです。
そしてジオラマコーナーがありここが全て三歳児仕様の目線で作ってあるのです。
大人でもその仕掛けには楽しめました。
バイキンマンのUFO?もあり乗ることができます。P1010045
二階に行くと、お店屋さんごっこが出来るようなセットがたくさんありました。
そしてキッズコーナーでは人形劇があり、まるで幼稚園の授業のように手遊びからはじまり、人形劇が始まりました。
ちなみに手遊びは「カレーパンまんの作り方・・・パン生地コネコネパン生地コネコネ~(略)油で揚げてカレーパンマン」でした。(糸巻き巻きの歌の替え歌)
人形劇は「つんつん鳥とアンパンマン」でした。
そして一階に降りると、虹の(七本)滑り台があり斜度が様々になっています。
これを何度も何度も繰り返して姪っ子はすべるのです。
そして約四時間の滞在時間で後ろ髪を引かれながら帰ったのです。
そうそう電車の待ち時間にホームで大きな声でさっき教えてもらった手遊びの歌を歌ってました。
(横浜駅はホームも人でざわざわしているので声も周囲にまぎれていました。)
なんと言う記憶力・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

姪っ子の上京

10月6日から四日間姪っ子と妹が上京してくることとなりました。

前日の電話ではアンパンマンに会いたいの!と言って楽しみにしていた様子が伺えます。
姪っ子は新幹線に乗るのは初めてです。
さてさていい子におとなしく乗れるかしら?
品川の在来線の改札口で待っているとどうにか無事に到着しエスカレーターから二人の姿が見えました。ビックリした様子の姪っ子と約5ヶ月ふりの再会です。
山手線に乗換え新橋で降り、一番に彼女のお楽しみのアンパンマンに会いに行きました。
そう潮留の日テレ広場です。ここにアンパンマングッズが売っているところがあるのです。
早速お腹が空いている私たちを尻目にショップのKIDコーナーで遊びはじめました。
いつまで待っても飽きてくれそうにないので、無理やりアンパンマンと引き離し、(半泣き状態で)ランチとなったのです。
いろいろお店を回って見ましたが、子供が食べらるものがありそうな店は探すとないものですね。
結局パン屋さんでランチしました。
ここでトラブル発生!!
妹が食べていたソーセージパンが食べたかったのに、全部食べられてしまって大泣きです。しかたなくもう一個買って来るとなんと大きなパンを一つ全部食べてしまったのです。
何処にそんな食欲が・・・
そして銀座へ散歩をし、今話題のH&MやFOREVER21、新しくなった銀座三越へと立ち寄りました。
もちろん売場は子供服売り場!!
私と姪っ子は売場の玩具で遊んでいました。
さてさて、ようやく我家へ到着すると姪っ子にとってはなじみの少ないオジちゃんが待ってました。
始めはちょっと腰が引けていましたがすぐに馴染み、絵本や遊びの相手をさせられていました。
ご飯はお昼に食べすぎたせいか、栗ご飯やシュウマイを作ったのですがたくさん残されてしましました。
さて明日はかねてからのお楽しみのアンパンマンミュージアムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧