« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

新年会とプレゼント交換

2週間前の日曜日にパッチワークの新年会がありました。
日曜日の午後お天気の良い日に開かれました。
ギャラリーを兼ねた喫茶店で開かれ、お隣には茶室では初釜が開かれているようでした。
お料理はお昼からこんな豪勢な会席を食べても良いのかしら?と思うようなご馳走が出てきました。
八寸、かぶら蒸し、ひりょうず、赤飯、お吸い物など・・・
私のクラスの方は一人しか見かけませんでしたが、他のクラスの方も皆さん話しやすい方で、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
最後に出席したみんなでプレゼント交換ならぬ、カットクロス(ハギレ)の交換がありました。大勢の人数で行なうとやはり楽しいです。
その回ってきた包みの中に入っていたものがこのポーチのキットでした。
早速作って見ました。
F1000046

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

ヨーヨーキルト

F1000045 教室に通い始めて二ヶ月になります。
クリスマス前に作り始めた、教室で先生の色のアドバイスをもらった始めての作品です。
プリント生地の図柄の廻りを落としキルトして、縁をパイピィングして始末した後、廻りをヨーヨーで飾ってみました。
ヨーヨーの作り方って簡単!!って思ってたけど、綺麗に作るコツを教わると、まずグッルッと一周するまでの針目は同じ長さ、針をさす回数も同じ、そうすると出来上がったときにどのヨーヨーも同じ大きさで同じようにギャザーが寄って綺麗にしあがるそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

主人の入院

年の明けた1月6日暮から目の調子が悪いと言っていた主人。
いよいよ悪くなったと思った主人は休みの日に朝早くから近所の眼科に出かけて行きました。
私はその間、家事をさっさと済ませようとテキパキと家事を片づけていました。
すると主人から電話が入り、「今、防衛医大にいるんだ、診察が終わったけど入院しないといけないんだって」と・・・
私は???
よ~く聞いてみると、近くの病院がしまっていたので防衛医大へ出かけたようで、そこですぐさま病名・網膜剥離で手術が必要でそのままにしておくと失明するとのことと診断されたようです。
で明日からすぐに入院して病院で安静にしていてくださいとのこと。
私はそれを聞いてビックリ!!
まだ入院と手術に必要な検査があるから時間がかかると言われたので、急いで主人のお昼のお弁当を買って自転車で防衛医大へ走らせました。
家に帰ってからは入院の準備です。洗面器、歯ブラシ、タオル、パジャマ!(枚数が足りない)足りないものはすぐさま買いに行って揃えあっという間に大荷物になりました。
そして入院当日付き添いも必要も無く主人一人で出かけて行きました。
それから私の自転車での通院生活が始まりました。

初日は既に着替えも持って行っているので、持ちきれなかったものや足りないものを持って行きました。
面会時間は13時~20時です。
三時過ぎに面会手続きをして病室に行ってみると、最近出来たばかりの綺麗な病棟でした。
当然部屋は大部屋(と言っても四人)
カーテンがそれぞれ閉めてありさすが都会!ここでも閉鎖的なんだ~ぁと感じました。
私も主人も入院は初めてなことなので何もかもが初体験で、今日の夕食は何かしら?と病院の早い夕食を見届けて家路に着いたのでした。

二日目

我家から防衛医大が近くにあってよかった・・・
自転車で通えるもの・・・
寒いのでジーパンの下はタイツ靴下、手袋、マスク、コートにぐるぐる巻きにしたマフラー、目も風を切って寒いのでサングラスという井出達でなんとあやしい人なんでしょう。
病室に入るとその逆で春のような暖かさで、なんどここで泊まろうと思ったことか・・・
さて主人といえば、主治医にトイレや食事以外なるべく歩き回らないでおとなしくしていてくださいと言われベットの上でとっても退屈そうなので、Newton と言う雑誌がちょうど目の特集が掲載されていたので差し入れたところ喜んでいました。

三日目
主人の妹夫婦がお見舞いに来てくださいました。
明日が手術ということでお見舞いにカットメロンを差し入れしてくれました。
約一時間の訪問でしたが、退屈な主人にはちょうど良かったようです。
手術の日
今日は手術の日です。
看護婦さんから手術室に行くまでの段取を説明してもらいいよいよです。
私はオペ室の前では待てないのと時間が夜になるので家で待機していてくださいといわれたのでそうしました。
最初は三時からといわれていましたが、緊急な帝王切開のオペが入ったので主人は後回しの夕方五時からとなりました。
お医者さんも一緒に待ちぼうけなので大変ですねぇ・・お医者さんって
さて家に帰ると今日は実家の父がお見舞いに来るとのこと、家でご飯を作って舞っているとピンポーン!とチャイムが鳴って父登場!!
さすが一人でここまで来るとは。。。
犬といわれる方向感覚のよい私の親です。

無事に終わる
術後数時間たってから本人から電話が入りました。
オペが終わってから夕食を取り電話をかけて着たとのこと
声が数時間前とは違って明るくなっていました。
やはり緊張していたようです。
翌日に面会に行くと既に眼帯も取れていました。
誰かに似ていると思い浮かんだのが、歌舞伎役者の海老蔵さんの記者会見の時の顔でした。(まぶたは腫れて、目は充血していました)
その日は父がお見舞いをして、これから川越に観光に行くと言う父を玄関まで見送り、その足で院内出歩き許可が降りた主人がファミマでお買い物。
緊張がなくなったからか、シュークリーム、プリン、ジュースと買いあさっていました。
手術が終わって後は退院を待つばかり・・・当初は週末と言われていて私たちは週末っていつ?カレンダーでは日曜日、ビジネスでは金曜日
いつ先生からOKが出るのかと二人楽しみにしているとやはり日曜日に退院の運びとなりました。
それまでに主人のシーツなどの寝具類を洗濯していつ帰ってもいいように準備してました。
朝九時過ぎには退院と言われているので、この日は早く起きて布団を干し、掃除を済ませ待っているとピンポーン!!と帰って着ました。まるでいつも会社から帰ってくるように・・・
この一週間我家はまるで長期出張のようでした。
今回主人はめの調子が変だなと思ったときから時間が経っていたのでこんなに大変なことに成りましたが、すぐに病院へ行っていれば一日の通院で処置できたことだったようです。
目の病気は症状が現れにくく痛くないので後回しにしがちですが、まめに検査に、または変だな?と思ったらすぐに受診したほうが良いとわかりました。
退院の次の日つい癖で自転車に乗って病院へ行きそうでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

あけましておめでとう

明けましておめでとうございます。
今年ものんびりとブログを更新いたしますので宜しくお願いいたします。
F1000036_2F1000035_2

さて、新年が明ける三日前からお節の下準備に大忙しな私でした。
最後には角が頭から生えていたかも???
黒豆を煮始めることをかわきりに、煮豚、紅白なます、八頭や干ししいたけの戻しなどの下ごしらえと数の子の塩抜きと台所に立ちっぱなしでした。

F1000037_5
F1000034_2

大晦日には、先日習った栗きんとん、伊達巻、松風、煮物など次々にお鍋をとっかえひっかえ仕上げていき、お節が仕上がった頃には手がぱさぱさになっていました。

今年は三段重とオードブル皿です。
それが終わると掃除の仕上げ!
特に台所はお節作りで汚れたので念入りに拭き掃除です。
そして、年末最後の買い物。
近所の八百屋さんや小さなスーパーは年始はお休みのため売り切りセールをしていました。
いつも行く八百屋さんに紫のまるでブーケのようなブロッコリーを最後だからとプレゼントされ嬉しくなり、帰って早速コップに水を入れ台所に飾っていました。
F1000043 さあ、紅白歌合戦までに夕ご飯の筑前煮(いりどり)と年越し蕎麦の準備をしてゆっくり見られるように・・・ひと段落??なんだかそわそわして、またチョロチョロと動き回って、結局主人が仕事から帰って夕飯が終わるまで動き回っていました。
御正月って主婦にとっては忙しい時なんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »