« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月

2010年10月20日 (水)

台風の去った後

ドタバタと四日間が過ぎ、アット言う間に帰る日です。
この日は朝からテンションが上がりまくりです。
下着姿で服を着ないと走り周り、髪を結ばないと逃げ回り出かける支度が大変でした。
どんどん帰りの新幹線の時間が迫ってきます。
こちらはハラハラと母はイライラと・・・・
案の定山手線に乗る前に姪っ子が自分の意見が通らず大泣き状態に・・・
しかし時間がどんどん迫るので、大泣きのまま電車に飛び乗り、周りの方に大迷惑をかけてしまいました。
そして東京駅でも泣きつづけ、新幹線のホームでも涙のお別れでした。
また、大きくなったら遊びに来てね!
楽しみにしてま~す。
そしてホームに取り残された私たち夫婦は一気に気が抜けてしまいました。
しばしこれからのランチのことも思い浮かばないくらいボ~ットしてました。
そして、私たちは新宿に出かけ、主人いわく私の慰労会だと言ってスペイン料理の
イカ墨パエリアを食べるとその美味しさにさっきの大変な出来事を忘れてしましました。
夜、家に帰るとシ~ンとしていて、まるで台風の去った後のようでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

初めてのディズニーランド

今日は妹が行きたかったディズニーランドです。
しかし姪っ子はディズニーランドをあまり?いいえまったくどんなものかも知らないのです。
まさに未知の体験です。電話でもミッキーよりアンパンマンが言いと言うのですから・・・妹に言いくるめられて?プーさんに会えるよと言われ納得したようです。

そして前回に買っていた私のポップコーン入れを私がこれを持って「行くんだよ!」って話すと「私の宝物」と言いどうやらお気に入りになったようで前の日から手に提げて歩き回っていました。そして当日は自分で持つと言いどんな時も(アトラクションに乗っているときも)手放しませんでした。

P1010053 ランドには10時前に着き唯一の姪っ子の楽しみのプーさんのアトラクションのファーストパスを入手するために私が走って行きました。
(既にこのときで四時の予約でした)
まず一番目が肝心と妹と作戦を練った結果、イッツスモールワールドへ行きました。
狭い通路を抜けると壁面いっぱいに描かれているカラフルな絵にビックリしている様子・・・
ボートに乗りアトラクションの中へ入っていくともっとビックリ!!声も出ないようでした。
時折天井から下がっている蝶チョや、猿に喜んでいました。
今回は私たち夫婦が来るときと違い絶叫物はお預け・・・
ひたすら子供向けの乗り物やアトラクションへ次々と乗って行きました。
様子を見ていると、小さな子供は早い動きや目まぐるしく場面の変わるアトラクションは苦手のようで、反対に電車や船のようなゆったりとしたものが楽しいようです。
そしてパレードってどんなものか知らない姪っ子がお昼のパレードをシートをひいて間近で観て、これまたビックリ!!P1010055
夜ご飯を早めに済ませるとさすがに睡魔に襲われたのか、とうとう眠ってしましました。
と言うことで夜のパレードに備え、ここでもまたシートをひいて私と姪っ子はお留守番をしていました。
その間妹は両家のおじいちゃん達のお土産を買いに行っていました。
さておおきな音とともにエレクトリカルパレードが始まりました。
さっきまで眠っていた姪っ子も目を覚まし、あまりの明るさ、音楽の大きさに目ぱちくり、お口がポカーン状態でした。
時折手を振り喜んでました。
そして花火を見て少し早めに帰宅したのでした。
そうそう最後に「カリブの海賊」に乗ろう!と姪っ子がどんな怖がるか試してみよう!とちょっといじわるな大人二人でした。
結果はホラーマン(アンパンまんのキャラクター)と同じようで怖がりませんでした。
さてさて、この子には初めてのディズニーランドはどのように感じたのか、大きくなって覚えているのだろうか?
もう少し大きくなって聞いてみよ!

今回は幼い子供を連れて行き思ったのが大人だけでは普段は見えなかったり、感じなかったりしたものがたくさん発見でき絶叫アトラクションに乗らなくても楽しく過ごせました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

初めてのパン作り

アンパンマンミュージアムから帰ってさっそく我家のホームベーカリーでパンを作りました。
私が計量した塩・砂糖・牛乳・強力粉をパンケースに姪っ子が投入するのです。
そして待つこと二時間・・・
ふっくらと食パンが出来上がりました。
「私が作ったの!私が作ったの」と大喜びの姪っ子でした。
そして早速つまみ食いです。
みんなで我家にはおおきなねずみが居ると笑ってました。
そんなに気に入ったのならと耳を少し切って食べさせるとなんと一人で「美味しいね!」と連呼しながら食べてしまったのです。
他にもお皿をテーブルに持って行ってくれたり、レタスを洗って(濡らしただけ?)ちぎってくれたりと役に立つ姪っ子でした。
さすが女の子です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横浜アンパンまんミュージアム

三人と子供一人川の字に寝ていると、朝にふと気が付くと隣に姪っ子の足がグングンと私を押しのけているのです。
これはたまらん!と姪っ子を乗り越え主人の方へと姪っ子を押しやりました。
すると朝起きて主人が言うことに「いつもと違う感覚の物体が寝ていてビックリした」と・・・
みんなで朝ごはんを済ませ
いざ女三人は横浜へ
電車の揺れが気持が良いのか最寄り駅に到着するまでグーグーと寝ていました。
が、目を覚ましてみると憧れのアンパンマンが目の前にいます。
すっかり眠気も覚めテンションが一気に上がり始めました。
ミュージアムに着くとカレーパンマンの着ぐるみを見つけ、もうダッシュです。
ジャムおじさんのパン工場ではキャラクターのパンがたくさん作って並べてあり見ると一個300円高い!!
しかし世の中のお母さん方はポンポンとトレーに乗せて購入して行きます。
そして私たちはドキンちゃんのcafeでランチを取りました。P1010041
姪っ子はお子様カレーです。ここでもまた完食です。
さて、食後にいよいよミュージアムの中へ・・・
入場券を三人分(子供も大人と同じ金額が必要です)購入すると未就学児には玩具がもらえます。
今月はカスタネットです。P1010037
エレベーターで三階に上がり扉が開くと目の前にキャラクターが勢ぞろいしてお出迎えです。
そしてジオラマコーナーがありここが全て三歳児仕様の目線で作ってあるのです。
大人でもその仕掛けには楽しめました。
バイキンマンのUFO?もあり乗ることができます。P1010045
二階に行くと、お店屋さんごっこが出来るようなセットがたくさんありました。
そしてキッズコーナーでは人形劇があり、まるで幼稚園の授業のように手遊びからはじまり、人形劇が始まりました。
ちなみに手遊びは「カレーパンまんの作り方・・・パン生地コネコネパン生地コネコネ~(略)油で揚げてカレーパンマン」でした。(糸巻き巻きの歌の替え歌)
人形劇は「つんつん鳥とアンパンマン」でした。
そして一階に降りると、虹の(七本)滑り台があり斜度が様々になっています。
これを何度も何度も繰り返して姪っ子はすべるのです。
そして約四時間の滞在時間で後ろ髪を引かれながら帰ったのです。
そうそう電車の待ち時間にホームで大きな声でさっき教えてもらった手遊びの歌を歌ってました。
(横浜駅はホームも人でざわざわしているので声も周囲にまぎれていました。)
なんと言う記憶力・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

姪っ子の上京

10月6日から四日間姪っ子と妹が上京してくることとなりました。

前日の電話ではアンパンマンに会いたいの!と言って楽しみにしていた様子が伺えます。
姪っ子は新幹線に乗るのは初めてです。
さてさていい子におとなしく乗れるかしら?
品川の在来線の改札口で待っているとどうにか無事に到着しエスカレーターから二人の姿が見えました。ビックリした様子の姪っ子と約5ヶ月ふりの再会です。
山手線に乗換え新橋で降り、一番に彼女のお楽しみのアンパンマンに会いに行きました。
そう潮留の日テレ広場です。ここにアンパンマングッズが売っているところがあるのです。
早速お腹が空いている私たちを尻目にショップのKIDコーナーで遊びはじめました。
いつまで待っても飽きてくれそうにないので、無理やりアンパンマンと引き離し、(半泣き状態で)ランチとなったのです。
いろいろお店を回って見ましたが、子供が食べらるものがありそうな店は探すとないものですね。
結局パン屋さんでランチしました。
ここでトラブル発生!!
妹が食べていたソーセージパンが食べたかったのに、全部食べられてしまって大泣きです。しかたなくもう一個買って来るとなんと大きなパンを一つ全部食べてしまったのです。
何処にそんな食欲が・・・
そして銀座へ散歩をし、今話題のH&MやFOREVER21、新しくなった銀座三越へと立ち寄りました。
もちろん売場は子供服売り場!!
私と姪っ子は売場の玩具で遊んでいました。
さてさて、ようやく我家へ到着すると姪っ子にとってはなじみの少ないオジちゃんが待ってました。
始めはちょっと腰が引けていましたがすぐに馴染み、絵本や遊びの相手をさせられていました。
ご飯はお昼に食べすぎたせいか、栗ご飯やシュウマイを作ったのですがたくさん残されてしましました。
さて明日はかねてからのお楽しみのアンパンマンミュージアムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »