« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

初の伊豆半島 東伊豆編

先週の水・木曜日に伊豆に出かけて来ました。
旅行に行こう!と言い出したのが前日の月曜日・・・次の日急いで旅行会社に出向き「明日泊まれる旅館をお願いします」と言うと店の方もビックリされていろいろと調べまくって約一時間ようやく旅館を手配することが出来ました。
今回は私にとって初めての場所です。ドライブ途中のお茶とみかん、お菓子を積んでとってもワクワクしながらの出発でした。
一日目は朝早く出発し、八王子、厚木、小田原と下道を通り熱海へ・・・
P9240106熱海に着くとここがテレビなどで有名な温泉かぁ~テレビで見るのとおんなじだぁ(当たり前)で、寛一お宮の銅像を見に行きました。
熱海を後に干物で有名な網代により、伊東に行くまでに昼食で金目の干物とお刺身定食を食べました。魚が新鮮なのでとっても美味しかったです。
海岸線をドライブすること約二時間ようやく今日のお宿(熱川温泉)に到着です。
P9240107 お部屋に通されると部屋から太平洋がバッバーンと目の前に見えるではないですか!!大島も見えました。部屋で一息つくと露天風呂に出かけ、部屋での食事でゆっくり食べ、その後また大浴場に入って潮騒の音を聞きながら眠りについたのでした。
翌朝五時半ごろに眠たい目をこすりながら起き上がり、部屋から見えるご来光を拝みました。真っ赤なお日様が昇るのは海にも光が反射してとってもきれいでした。
そして朝風呂に入り朝食をとって宿を出発しました。ここの温泉は美肌の湯と言われ湯上り後はお肌がツルツルでした。P9240105

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

突然の出来事

お彼岸の日、お掃除も早く済ませた後、新宿に出かけて来ました。
ちょうど新宿髙島屋仮屋崎省吾のお花の展覧会がありました。
昼一時からトークショウでは、デパートのデモンストレーション調で自ら作った花瓶に次から次へと簡単そうにお花を生けて見せてくれました。笑いを交えながらのお話はとっても楽しかったです。
そしてトークショウを聞き終えて私は急いで展覧会会場に行こうとエレベーターを待っていたら、なんとそこに仮屋崎省吾さんがやって来て一緒にエレベーターに乗って行きましょ!と待っているみんなに声をかけてもらったのです。
ほんの一時でしたがラッキーな偶然でした。
そして今日は西武が優勝し西武デパートでは優勝セールでした。
今日は近くの所沢西武に出かけ、何か目玉商品はないかと歩きまわったのですが、結局ひき肉と鮭を買って(いつもと一緒)帰宅しました。
P9270111明日は池袋西武デパートに出かけよう!!
今日の夕ご飯は今日買ったばかりの鮭の塩焼きです。味噌汁とほうれん草のおひたし、黒豆ご飯(黒豆と梅干だけ入れて炊きます)の和風にしました。
デザートは先日妹から送ってきたメロンです。
キルトのパターンは花かごです。P9270110

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

引っ越して早三年

お彼岸です。
この季節になると三年前に引っ越してきたことを思い出します。
池袋の駅の構内にたくさんの彼岸花のポスターが貼ってあり、引っ越してきた私達を迎えてくれるかのように構内が一面真っ赤になっていたのを思い出します。
P9200055_2 そして三年経って初めてこの花の咲く巾着田に出かけて来ました。
ここは埼玉県の日高市にあり高麗(こま)駅の近くにあります。巾着田と言う名の通り川が巾着のように丸るく蛇行していてその川岸に彼岸花が群生しています。
一面真っ赤に咲き乱れ、シラカシの木々の間から光が差し込むとまた同じ赤でも表情が変わってきれいでしたP9200054。コスモス畑もありました。P9200056
途中高麗神社にも立ち寄りここは開運出世のご利益があると言われています。境内の木々をよく見ると政治家の献木がたくさんありました。
またここは昔の高句麗の時代にまで関係しているらしく、今韓流ドラマで放映しているヨン様出演の番組にちなんだ所らしく参拝者はファンの方が多かったです。
今日はお彼岸なのでおはぎを作って見ました。
これは栗原はるみさんのレシピで作りました。 (この方法だと 思ったほど難しくないのです)P9220057
まずもち米を1カップ洗い約30分水に浸しておきます。
耐熱ボールに水を切ったもち米、水3/4カップを入れてふわっとラップをかけて5分レンジします。
ラップを外し軽く混ぜもう一度ラップをふわっとかけて2分レンジします。
蒸しあがったらラップを外しすりこぎでつき、半つぶしにします。
小さな俵型に丸めて、あんこ(市販)をご飯にかぶせる様につつんで出来上がり!
お抹茶と一緒にいただきま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

高尾山でクタクタに・・・

水曜日は天気もよく晴れどこかに体を動かしに行こう!!と昼前から車で高尾山に出かけて来ました。
高尾山は関東の小中学校の遠足でよく行く場所と聞いています。
本当なら山麓から歩いて登るのですが、遅くに出発したのでケーブルカーでいっきに中腹へ・・・
ここのケーブルカーは斜度が30.1度もあるらしく日本一の急勾配に作られたケーブルカーだと説明がありました。
確かに肉眼で見るとほぼ直角に見え、下を覗くとスキーのコースの上級者コースのような景色でした。
中腹の駅の前にはここの名物天狗まんじゅう(天狗の顔をした鯛焼きです)があり、即座に購入です。
参道を歩いていくと山門や本道、奥の院などがありここまで約20分。途中幼稚園の遠足の子供達に出会いました。さらに歩いて山頂を目指すこと20分ようやく展望台がありました。
思っていた以上に山頂は広く公園のようになっていました。
帰りは登山コースを歩きとは言っても崖っぷちの横を歩くのでちょっと恐ろしかったです。
そして行きはケーブルカーで登った道を歩いて降りるととっても急な道でした。
約三時間高尾山に滞在し家路に着きドアを開けるとすぐにバタンキュウでした。一休みして夕食つくりです。
この日のメニューはもちろん簡単に作れ後片付けも楽な広島風お好み焼きです。お腹も満腹になりこの日の夜はぐっすり寝むれたのでした。
P9190032そしてこの 二日間は家でチクチクとパッチワークを仕上げ今日ようやくミニキルトが出来上がりました。
一つの模様が四センチ角、36cm×32cmの大きさです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

パウンドケーキ作り

日曜日は満月のお月観でした。今年は何とか天気ももちきれいなお月様が出ていました。
P9140025 夕食は広島地方ではポピュラーなお月見団子汁です。サトイモ、薩摩芋、人参、大根、お団子を豚汁のように作るのです。
愛知や東京ではお月見の時に団子は売っていても、団子汁用の団子の粉は売っていません。広島のスーパーではこの時期になると必ず売り出しコーナーに陳列されるのに・・・
これも地方独特の風習ですね。
月曜日にはABCクッキングに無料体験に行ってきました。
コースは紅茶のパウンドケーキです。
我家にはオーブンというものをまだ買っていないのでケーキやクッキーが作れないのです。
独身時代(学生の時)はよくバナナパウンドケーキやお誕生日ケーキなど作っていたのですがオーブンが無いので最近は全くと言っていいほどお菓子作りには無縁になってしまってました。
今回は先生が指示して泡立てて、粉入れてと言われるがままに作った感じで何となく物足りない・・・
そこで自分で気の向いたとき好きな物を作りたいと思い立ち、今日は早速電気屋さんでオーブンを見て回りました。
今は安いものから高いもの(高機能)までたくさんあるのにビックリ!!で、私はイタリアのデロンギ社のオーブンがシンプルで気に入ってしまったのですが、あまりにシンプルで本当に焼けるの?って感じなんですが誰か情報ありませんか?
P9160028 パウンドケーキは一晩寝かしたら美味しいと先生に言われたので今日味見をしようと思ってます。

余談ですが東京ベイヒルトン(ディズニーランドの近くのホテル)のダークバナナブレッドケーキはとっても美味です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

川越散策

先日の学園祭に出かけるついでに川越散策もしました。
川越は小江戸と言われるように時の鐘蔵屋敷の町並みがとってもきれいです。
お昼ごはんを「右近」芋おこわセットを食べました。川越といったらやはり薩摩芋です。
けんちん汁がP9060022特に美味しかったです。
お腹もいっぱいになったところで学園祭に出かけ、夕方近くに氷川神社に立ち寄りました。
氷川神社は縁結びの神様らしく、ちょうど結婚式があり白無垢と紋付袴の新郎新婦を見ることができました。お天道様の下で見る白無垢はとってもきれいで花嫁さんをいっそう引き立てていました。
参拝を済ませ、もとのメイン通りに戻って歩いて行き、私のお気に入りの店「まめや」と海産物やの「轟屋」に寄りました。
まめやは字のごとく豆製品を売っていて、花豆の煮たものをきな粉や抹茶などでまぶしたもの、ヒヨコマメにココアキャラメル味にしたものなどいろいろ豆の製品が並んでいます。
轟屋は海産物やさんです。ここで出し用の鰹節や天盛用の鰹節を買ったり、お味噌汁用の煮干、お好み焼き用の青海苔、お正月のおせち田作りのごまめなど多数購入しました。
どれもとっても安くて安全な国内産です。
のんびり散策をしていたら家路に着く頃にはとっぷりと日が暮れていました。
そろそろ秋の気候になって来ました。
今日のパターンはメープルです。Pa270031_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ウォーターボーイズ

九月の最初の週末に待ちに待った川越高校文化祭が行われました。
川越高校(男子P9060031 校)?といってもピンと来ないかもしれませんが、テレビや映画で有名な「ウォーターボーイズ」のモデルになった学校です。
なんと男子シンクロは既に二十一年間続いる水泳部の伝統行事になっています。
昨年偶然最寄駅でもらった学園祭の案内がきっかけで、出かけるのは今年で二回目ですが、映画やテレビに見劣りすることなく男子シンクロの演技は感動しますし、さすが!!って感じで演技中の30分は拍手喝さいです。
中でも演技中みんなバク転で水面から飛び出し空高くクルクルと回るのにはビックリです。(男の子は何処でこれを習得するんでしょう?)P9060037
そして水泳部なんだから当たり前なんですがみんな飛び込みがきれいなこと・・・まるでイルカです。
プールサイドで観るのも臨場感がありGOODですが、校舎の二階三階の廊下から眺めると隊列がはっきり見えるのでまた感動です。P9060042 
もちろん文化祭も趣向が凝らしてあって年寄り?が行っても楽しめます。
私達は弓道体験コーナーに行き弓の引き方を教えてもらい近くの的を目掛けて五本弓を放しましたが観るとやるとでは大違いで難しく一本もあたりませんでした。(戦国時代でなくてよかった)
喫茶店?に入りペットボトルのジュースを飲んだり、アイスクリームを買って食べたり、最近の高校の文化祭は私たちの時代の大学祭のようでとっても懐かしかったです。
しかし久しぶりに教室に入って見るとクーラーが付いているのにビックリ!!時代は変わったようです。あの暑くてスカートの中を下敷きで仰いでいた時代とは・・・
また来年来るぞ~ぉと思いながら学校を後にしたのでした。
P9090022これは今はバラバラですが、いつか出来上がるでしょう・・・
作業中の様子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

チャックさんのキルト展

今日は渋谷東急百貨で毎年開かれる野原チャックさんの展示会に行って来ました。
会場に入ると約八枚くらいアンティックキルトが飾られており中でもナインパッチの応用で作られた一枚が気に入りました。
ここに展示されているものはどれも新作で全国各地の教室の生徒さんが作ったものです。
賞を取ったものそうでないものたくさん飾ってありますが、私にはたとえ賞を取っていなくても素敵な作品はたくさんありました。
キルト展を出ると渋谷に今話題のクリスピークリーム(ドーナツ屋)を発見!!新宿や有楽町にも店がありますがいつも並んでいてなかなか食べれないのですが、ここは空いていてすぐに食べることが出来ました。
渋谷に来てデパートが東急と西武があるので、先日また!!壊してしまったコーヒーポットを探して歩き回りました。
そうなんです。まだ今回壊れれたのを買って一年経たないうちに注ぎ口が欠けてしまったのです。
今度は丈夫なものをと思いガラスのポットはやめてホーローでちょうどいいのが無いか探し始めたのです。
それまではまた急須で代用です。
P1010021 今日のパターンはブロークンディシュ(割れたお皿)です。
柄の付いた模様が割れたお皿のかけらを表すそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

映画にいきました。

今年は暑くないのは嬉しいんだけど、毎日雨ってのも考え物です。
先週雨で退屈なので映画に出かけて来ました。
今回は前評判がすごかった○○○AND THE CITYです(○をきちんと書くと変な広告が引っ付いてくるので伏せて起きます)
これはアメリカのテレビドラマから人気が出た話で、40代の女性(今流行のアラフォー)のそれぞれの生き方の物語です。
今回はキャリーの結婚がお話の中心になっていて、とにかく有名デザイナーのドレスやブランドバックがたくさん出てきました。
四人の性格が自分の身近な友人にいそうなキャラクター設定なので思わずいるいる!!と共感してしまう部分がたくさんありました。
私はシャーロットの着こなしが気に入って観てました。専業主婦、妊婦になってもおしゃれ心を忘れずにいつもきれいにしているところは見習わなくては・・・と思ったのですが現実はなかなか難しいです。
しかし映画の題とは印象の全く違う楽しいお話でした。映画というよりはテレビドラマを見ているって感じです。
出来るなら今度ドラマシリーズを始めから観てみたいです。
Pc280040 今回はバックです。映画の中のブランドバックとは比べのもにならないけれど・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »